【痛みさよなら】頭痛サプリランキング@本当に効果があったのは?

頭痛 サプリ

頭痛サプリの選び方

 

頭痛がひどい時、サプリメントに頼る事も出来ます。それではどんなサプリメントを選んだら頭痛に効果的なのでしょうか。せっかくサプリメントを買っても頭痛に効果がなかったら嫌ですよね…。選び方を失敗しないようにしましょう。そこで今回は頭痛サプリメントの賢い選び方についてご説明していきます。頭痛にお悩みの方はぜひご参考にしてみてください。

 

●バランスのいい頭痛サプリメントを選ぼう
頭痛サプリメントはバランスのいいものを選びましょう。例えば頭痛対策の定番であるサプリメントには、マグネシウム不足を解消してくれる効果が期待できるサプリがあります。マグネシウム不足を改善出来るサプリメントをチョイスするといいのですが、マグネシウムはそもそもミネラルです。ミネラルと言えばマグネシウムの他にも銅や鉄、亜鉛などがあるので、これらのミネラルをバランスよく摂れるサプリメントを摂らなければマグネシム不足は改善されません。接種に偏りがあってはいけません。バランス良くとらなければ逆に体調は悪くなってしまうでしょう。

 

●女性は生理前後の頭痛にご注意!
女性は生理前になると頭痛がやってくるという人も多いでしょう。このようなPMS特有の頭痛にもサプリメントが役立ちます。おすすめはチェストツリーが配合されたサプリメントです。女性ホルモンのバランスを整えて、頭痛を緩和する効果が期待出来るでしょう。

 

●まとめ
亜鉛を摂りすぎてしまうと銅の吸収も悪くなってしまい、カルシウムばかり摂ると筋肉の伸縮がうまくいかなくなってしまうので、やはりバランスが重要です。もしもマグネシウム配合の頭痛サプリメントを選んでいれば、マグネシウム不足は解消できるでしょう。トータル的にミネラルを含む成分が配合されていれば、体内のミネラルバランスを崩さずに頭痛対策が出来るはずです。

 

頭痛に効く成分は?

 

意外と頭痛もちの人は多いです。特定の時期やシーズンに頭痛になりやすい人もいれば、常日頃から頭痛が起こりやすい人も多いです。慢性的な頭痛は本当につらく、頭痛薬を飲んでもあまり効かないという人もいるでしょう。頭痛持ちの方は、頭痛に効果的な成分を知っておくといいでしょう。頭痛を緩和してくれる成分もあるのです。それを知っておき、普段の食生活にも生かしてみてください。

 

●オメガ3
オメガ3脂肪酸には3種類あります。
・エイコサペンタエン酸
・アルファリノレン酸
・ドコサヘキサエン酸

 

その中でもドコサヘキサエン酸は脳循環系にとても効果があります。オメガ3が多く含まれる食品は、やはり魚の脂です。頭痛の回数も減っていくと期待出来るでしょう。

 

●カフェイン
カフェインは頭痛に逆効果と思いきやそうではありません。紅茶やコーヒーに含まれるカフェインは、血管収縮作用があるので、頭痛の予感がした時に摂ると効果的です。よく頭痛になる人は「あ、これから頭痛がくるな」というのが何となく分かるものです。そんな時はコーヒーや紅茶、緑茶などのカフェインをあえてとり、血管拡張を防ぎましょう。

 

●ビタミンB2
頭痛はセロトニンの分泌量が少なければ少ないほど発症してしまうものです。セロトニンの分泌を促すには、ビタミンB2を積極的に摂るといいでしょう。

 

●マグネシウム
マグネシウムは脳血管の緊張を抑えてくれるので頭痛に効果的です。炎症が起こっている脳血管内部において炎症の原因物質の合成や放出を少なくする働きがあります。マグネシウムを一日400ミリグラム摂ると、頭痛の発症頻度も減っていくと言われています。マグネシウム不足になってしまうと、血管の痙攣を招く事や痛みに敏感になる事があります。

 

頭痛サプリの飲み方

 

頭痛サプリメントを買っても、正しい飲み方が出来ていなければ効果も減ってしまいますよね。そこで今回は頭痛サプリメントの飲み方についてご説明していきます。これから初めて頭痛サプリメントを利用するという方などは、ぜひご参考にしてみてください。

 

●コップ一杯程度の水で飲むのが基本だけど…

 

シンプルですが、頭痛サプリメントはコップに1杯の水で飲むのが基本です。しかしベータカロテンやビタミンEなどは牛乳で飲むといいと言われており、ミネラルはオレンジジュースで飲むといいと言われています。これは吸収率がアップするからです。水は胃を刺激してしまうので、運動を高めて栄養をいち早く小腸へ移動させましょう。しかしお茶やコーヒーで飲むのはおすすめ出来ません。なぜならカフェインやタンニンが栄養素とくっついて吸収率が低下してしまうからです。

 

●どのタイミングで飲むのがいいの?
・食後に飲むのがベター
食前と食後でしたら食後に飲む方がおすすめです。食後の消化液が残ってしまっていると、食べ物と一緒に吸収されてしまうので効率が格段にアップします。また、空腹の時に摂と胃を荒らしてしまうリスクがあります。食後30分以内に飲むのがベターでしょう。と言っても厳密にいうとサプリメントの種類によっても最適なタイミングは変わってきます。サプリメントの表示ラベルには飲むタイミングや時間が表記されていないので、一体いつ飲んだらいいのか分からないという方も多いでしょう。薬ではないので飲む時間は表示されていません。頭痛サプリメントは基本的に医薬品と比べると効果は薄くてゆるやかなので、適量を一日【2〜3回】に分けて飲むのが基本です。分割するのは頭痛サプリメントを無駄にしないためでもあります。必要以上の量が一度にやってくるよりも、適量を数回に分けて届いた方が上手に吸収・利用する事が出来るでしょう。

 

頭痛サプリが薬より良い理由は?

 

頭痛サプリメントは薬よりいいと言われています。その理由には何が挙げられるのかご説明していきましょう。頭痛サプリメントと頭痛薬どちらにしようか悩んでいる方は、ぜひご参考にしてみてください。

 

●頭痛サプリが薬よりいい理由4撰
・副作用の恐れがない
・サプリメントは食品扱いなので誰でも飲める
・予防効果が高い
・病院に行かなくていい

 

頭痛薬だと確かに医師の処方箋がなければ受け取れないので通院しなくてはなりません。また薬なので副作用がある可能性もあります。しかしサプリメントであれば栄養補助食品扱いなので、お子さんでもお年寄りでも基本的に副作用の心配なく飲めるでしょう。(ただしアレルギーをお持ちの方は気をつけましょう)頭痛サプリメントのデメリットを挙げるとしたら、料金が少し高めなところです。1か月3500円〜をみておくといいでしょう。

 

●頭痛薬のメリット・デメリット
頭痛薬もサプリメントのように頭痛の予防効果があり、血管や神経を安定させてくれて頭痛を鎮めてくれます。しかし薬なので何か副作用が出る恐れもありますし、通院の手間がかかってしまいます。また頭痛薬が処方されるのは基本的に片頭痛が一週間のうち2回起こらなければ処方してもらえません。頭痛サプリメントと比べると価格が安めなところもメリットの一つです。ただし頭痛薬を飲んでもすぐに頭痛がストップするわけではありません。個人差もありますが、効果が出るまで3か月ほどかかる人もいるので、頭痛薬を飲んだからといって翌日は頭痛が消えるという保証はありません。

 

●まとめ
頭痛サプリメントも頭痛薬も基本的には頭痛を起こさないように作られています。ただし目的は同じでも違っているところもいくつかあります。どちらがご自分に合っているのか分かりづらいでしょう。

 

頭痛薬の頼り過ぎは体にデメリットばかり

 

我慢出来ないほどの頭痛は本当につらいですよね。つい頭痛薬に頼ってしまいたくなる人も多いでしょう。頭痛薬は頭痛の予防になりますし、頭痛が起こった時も緩和する効果が期待出来ますが、頼りすぎると体にとってデメリットになってしまう事があります。それではどのようなデメリットが表れてしまうのかご説明していきましょう。

 

●眠れなくなる(不眠)
頭痛薬を飲んで眠気が出てしまう事もありますが、逆に眠れなくなってしまう事があります。鎮痛成分を高めるブロムワレリル尿素と無水カフェイン、これらには覚醒効果があり、不眠を引き起こしてしまう可能性があります。不眠は頭痛をさらにひどくしてしまう事もあるので、昼間のうちに頭痛薬を飲んでおく方がいいでしょう。

 

●依存してしまう
頭痛薬を飲みすぎてしまうと依存性になってしまう恐れがあるので、我慢出来ない時にだけ飲むようにするといいでしょう。

 

●胃に負担がかかる
頭痛薬を飲みすぎる、長期的に服用すると胃に大きな負担がかかってしまう事があります。バファリンの「アスピリン」という成分も胃への負担を重くしてしまいます。空腹の時に連続して頭痛薬を用いてしまうと、胃から出血してしまう事があるのでやめましょう。誤った使用法をしてしまうと、めまいや嘔吐、胃の痛みが発症する恐れがあります。

 

●眠気に襲われる
頭痛薬を服用して割と早めに現れる症状に「眠気」があります。頭痛薬を飲んでから運転する、大事な会議や商談があるなど集中力を要する時には頭痛薬は念のため控えた方がいいでしょう。電車での移動の時も寝過ごす事に気をつけましょう。

 

●まとめ
頭痛薬はサプリメントと比べると効き目が強いのでそれだけ副作用の心配があります。体に今までなかった変化が出る事もあるので、依存しない程度に適度に飲むようにしましょう。頼りすぎないようにしましょうね。